第1回ワールドベースボールクラシック


出場チーム

 ■A組 日本、韓国、台湾、中国
 ■B組 アメリカ、カナダ、メキシコ、南アフリカ
 ■C組 キューバ、オランダ、プエルトリコ、パナマ
 ■D組 ドミニカ共和国、オーストラリア、ベネズエラ、イタリア

1次リーグ順位
A組
1.韓国 (3勝0敗)
2.日本 (2勝1敗)
3.台湾 (1勝2敗)
4.中国 (0勝3敗)
B組
1.メキシコ (2勝1敗)
2.アメリカ (2勝1敗)
3.カナダ (2勝1敗)
4.南アフリカ (0勝3敗)
C組
1.プエルトリコ (3勝0敗)
2.キューバ (2勝1敗)
3.パナマ (1勝2敗)
4.オランダ (0勝3敗)
D組
1.ドミニカ共和国 (3勝0敗)
2.ベネズエラ (2勝1敗)
3.イタリア (1勝2敗)
4.オーストラリア (0勝3敗)
2次リーグ順位
A組
1.韓国(3勝0敗)
2.日本(1勝2敗)
3.アメリカ(1勝2敗)
4.メキシコ(1勝2敗)
B組
1.ドミニカ(2勝1敗)
2.キューバ(2勝1敗)
3.プエルトリコ(1勝2敗)
4.ベネズエラ(1勝2敗)

WBC特別ルール

1.投球制限
1次リーグ65球、2次リーグ80球、準決勝・決勝95球まで。投球中に制限数を超えた場合は現在の打者が終わるまで投球可能。
2.コールド
1次リーグ・2次リーグのみ5回以降15点差以上、7回以降10点差以上。
3.投手の登板間隔
50球以上の投球で中4日、30球以上50球未満は中1日、30球未満は連投可能。ただし、連投した場合は中1日空ける必要がある。
4.同率チームの順位
①直接対決で勝利したチーム②失点の少ないチーム③自責点の少ないチーム④打率の高いチーム⑤くじ引きで勝ったチームの順

試合スケジュール

--オープン戦・強化試合日程(日本のみ)--
02/24 日本 7-0 12球団選抜(ヤフードーム・19:00)終了
02/25 日本 3-4 12球団選抜(ヤフードーム・19:00)終了
02/26 日本 5-1 ロッテ(ヤフードーム・19:00)終了
02/28 台湾 3-6 ロッテ(東京ドーム・12:00)終了
02/28 中国 0-17 巨人(東京ドーム・19:00)終了
03/01 韓国 7-2 ロッテ(東京ドーム・12:00)終了
03/01 日本 2-0 巨人(東京ドーム・19:00)終了
03/08 日本 6-5 マリナーズ(ピオリア・スタジアム・日本時間9日11:05)終了
03/09 日本 4-8 レンジャーズ(サプライズ・スタジアム・日本時間10日11:05)終了
03/10 日本 4-5 ブリュワーズ(マリーベール・スタジアム・日本時間11日11:05)終了

--1次リーグ--
03/03 韓国 2-0 台湾(東京ドーム・11:30)
03/03 日本 18-2 中国(東京ドーム・18:30)
03/04 韓国 10-1 中国(東京ドーム・11:00)
03/04 日本 14-3 台湾(東京ドーム・18:00)
03/05 台湾 12-3 中国(東京ドーム・11:00)
03/05 日本 2-3 韓国(東京ドーム・18:00)
03/07 ドミニカ 11-5 ベネズエラ(クラッカージャックスタジアム・日本時間8日3:00)
03/07 アメリカ 2-0 メキシコ(チェースフィールド・日本時間8日6:00)
03/07 プエルトリコ 2-1 パナマ(ヒラムビソーンスタジアム・日本時間8日9:00)
03/07 オーストラリア 0-10 イタリア(クラッカージャックスタジアム・日本時間8日10:00)
03/07 カナダ 11-8 南アフリカ(スコッツデールスタジアム・日本時間8日11:00)
03/08 キューバ 8-6 パナマ(ヒラムビソーンスタジアム・日本時間9日3:30)
03/08 アメリカ 6-8 カナダ(チェースフィールド・日本時間9日6:00)
03/08 ベネズエラ 6-0 イタリア(クラッカージャックスタジアム・日本時間9日8:00)
03/08 プエルトリコ 8-3 オランダ(ヒラムビソーンスタジアム・日本時間9日9:30)
03/08 メキシコ 10-4 南アフリカ(スコッツデールスタジアム・日本時間9日11:00)
03/09 ドミニカ 8-3 イタリア(クラッカージャックスタジアム・日本時間10日3:00)
03/09 ベネズエラ 2-0 オーストラリア(クラッカージャックスタジアム・日本時間10日・8:00)
03/09 キューバ 11-2 オランダ(ヒラムビソーンスタジアム・日本時間10日9:00)
03/09 カナダ 1-9 メキシコ(チェースフィールド・日本時間10日10:00)
03/10 パナマ 0-10 オランダ(ヒラムビソーンスタジアム・日本時間11日3:00)
03/10 アメリカ 17-0 南アフリカ(スコッツデールスタジアム・日本時間11日5:00)
03/10 ドミニカ 6-4 オーストラリア(クラッカージャックスタジアム・日本時間11日9:00)
03/10 プエルトリコ 12-2 キューバ(ヒラムビソーンスタジアム・日本時間11日9:30)

--2次リーグ--
03/12 キューバ 7-2 ベネズエラ(ヒラムビソーンスタジアム・日本時間13日3:00)
03/12 日本 3-4X アメリカ(エンゼルスタジアム・日本時間13日6:00)
03/12 プエルトリコ 7-1 ドミニカ(ヒラムビソーンスタジアム・日本時間13日10:00)
03/12 韓国 2-1 メキシコ(エンゼルスタジアム・日本時間13日13:00)
03/13 ドミニカ 7-3 キューバ(ヒラムビソーンスタジアム・日本時間14日3:00)
03/13 プエルトリコ 0-6 ベネズエラ(ヒラムビソーンスタジアム・日本時間14日9:00)
03/13 韓国 7-3 アメリカ(エンゼルスタジアム・日本時間14日12:00)
03/14 メキシコ 1-6 日本(エンゼルスタジアム・日本時間15日9:00)
03/14 ドミニカ 2-1 ベネズエラ(ヒラムビソーンスタジアム・日本時間15日9:00)
03/15 プエルトリコ 3-4 キューバ(ヒラムビソーンスタジアム・日本時間16日9:00)
03/15 韓国 2-1 日本(エンゼルスタジアム・日本時間16日12:00)
03/16 メキシコ 2-1 アメリカ(エンゼルスタジアム・日本時間17日9:30)

--準決勝・決勝--
 -準決勝-
03/18 ドミニカ 1-3 キューバ(ペトコパーク・日本時間19日5:00)
03/18 韓国 0-6 日本(ペトコパーク・日本時間19日12:00)
 -決勝-
03/20 キューバ 6-10 日本(ペトコパーク・日本時間21日11:00)

表彰選手

最優秀選手賞・・・松坂(日本)
ベスト9 投手・・・松坂(日本)
ベスト9 投手・・・マルティ(キューバ)
ベスト9 投手・・・パク・チャンホ(韓国)
ベスト9 捕手・・・里崎(日本)
ベスト9 一塁手・・・イ・スンヨブ(韓国)
ベスト9 ニ塁手・・・グリエル(キューバ)
ベスト9 三塁手・・・ベルトレ(ドミニカ)
ベスト9 遊撃手・・・ジーター(アメリカ)
ベスト9 外野手・・・イ・ジョンボム(韓国)
ベスト9 外野手・・・イチロー(日本)
ベスト9 外野手・・・グリフィー(アメリカ)

各種記録

日本人成績(打撃/規定打席以上)
イチロー(打率.364、安打12、本塁打1、打点5、盗塁4)
小笠原道大(打率.231、安打6、本塁打0、打点7、盗塁0)
川崎宗則(打率.259、安打7、本塁打1、打点5、盗塁2)
里崎智也(打率.409、安打9、本塁打1、打点5、盗塁0)
多村仁(打率.259、安打7、本塁打3、打点9、盗塁0)
西岡剛(打率.355、安打11、本塁打2、打点8、盗塁5)
福留孝介(打率.182、安打4、本塁打2、打点6、盗塁0)
松中信彦(打率.433、安打13、本塁打0、打点2、盗塁0)
日本人成績(投手/規定投球回以上)
松坂大輔(3勝0敗0S、奪三振10、防御率0.85)
上原浩治(2勝0敗0S、奪三振16、防御率1.59)
渡辺俊介(0勝0敗0S、奪三振6、防御率1.98)
WBC打撃10(規定打席以上)
01.グリフィー(アメリカ、打率.524、安打11、本塁打3、打点10、盗塁0)
02.ガルロボ(キューバ、打率.480、安打12、本塁打1、打点4、盗塁0)
03.ジーター(アメリカ、打率.450、安打9、本塁打0、打点1、盗塁0)
04. 松中信彦(日本、打率.433、安打13、本塁打0、打点2、盗塁0)
05.里崎智也(日本、打率.409、安打9、本塁打1、打点5、盗塁0)
06.イ・ジョンボム(韓国、打率.400、安打10、本塁打0、打点3、盗塁0)
07.セペダ(キューバ、打率.385、安打10、本塁打2、打点8、盗塁0)
08.イチロー(日本、打率.364、安打12、本塁打1、打点5、盗塁4)
09. 西岡剛(日本、打率.355、安打11、本塁打2、打点8、盗塁5)
10.C・ジョーンズ(アメリカ、打率.353、安打6、本塁打2、打点2、盗塁0)
10.クルーズ(プエルトリコ、打率.353、安打6、本塁打0、打点5、盗塁1)

日本代表出場選手(各守備五十音順)

-投手-
・石井弘寿(ヤクルト/左)→馬原孝浩(ソフトバンク/右)
・上原浩治(巨人/右)
・大塚晶則(レンジャーズ/右)
・久保田智之(阪神/右)
・小林宏之(ロッテ/右)
・清水直行(ロッテ/右)
・杉内俊哉(ソフトバンク/左)
・藤川球児(阪神/右)
・藤田宗一(ロッテ/左)
・松坂大輔(西武/右)
・薮田安彦(ロッテ/右)
・渡辺俊介(ロッテ/右)
・和田毅(ソフトバンク/左)
-捕手-
・相川亮二(横浜)
・里崎智也(ロッテ)
・谷繁元信(中日)
-1塁手-
・新井貴浩(広島)
・小笠原道大(日本ハム)
・松中信彦(ソフトバンク)
-2塁手-
・西岡剛(ロッテ)
-3塁手-
・今江敏晃(ロッテ9
・岩村明憲(ヤクルト)
-遊撃手-
・川崎宗則(ソフトバンク9
・宮元慎也(ヤクルト)
-外野手-
・青木宣親(ヤクルト)
・イチロー(マリナーズ)
・金城龍彦(横浜)
・多村仁(横浜)
・福留孝介(中日)
・和田一浩(西武)

優勝チーム

日本(初代王者)
















広告0の安全サイト

P革の種類と加工

野球ドット絵素材

メジャーリーグ

野球用語集

スパイク選び

野球のルール

スコアブックの付け方

球場訪問記