練習問題



5回裏・韓国の攻撃


プレイヤー
チュ・シンス
(秋信守)
1球目:見逃しストライク(ストレート)
2球目:ボール(チェンジアップ)

3球目(スライダー)はセンター方向への本塁打となり韓国は1点を追加。同点、0アウトのまま。


プレイヤー
イ・ボムホ
(李机浩)
1球目:ボール(スライダー)
2球目:見逃しストライク(スライダー)
3球目:見逃しストライク(ストレート)
4球目:ボール(チェンジアップ)
5球目:ボール(スライダー)

6球目(チェンジアップ)は空振りとなりアウト。1アウト。


プレイヤー
コ・ヨンミン
(高永民)
1球目:見逃しストライク(ストレート)

2球目(ストレート)はレフトへのヒットとなるも、2塁へむかった打者はレフトから2塁へ入ったセカンドへ送球されてアウト。2アウト。


プレイヤー
パク・キョンワン
(朴勍完)
1球目:ボール(スライダー)

2球目(スライダー)はキャッチャーへのファウルフライとなりアウト。3アウトチェンジ。


解答例





































5回裏・韓国の攻撃【解答例】

[解説]
5.チュ・シンスの打席
本塁打となったのでマスすべてを赤斜線で囲みます。自責点ついた得点なので●で記します。
6.イ・ボムホの打席
スイングアウト(空振り)なのでSOで記します。1アウトなのでマスの真ん中にⅠを記します。
7.コ・ヨンミンの打席
レフトヒットで出塁したものの、それはヒットで記録されますが、その後レフトが2塁へ向かったコ・ヨンミンをアウトにするためにセカンドへ送球してアウトにしたものです。ちょっとめずらしい例です。2アウトなのでマスの真ん中にⅡを記します。
8.パク・キョンワンの打席
キャッチャー(守備番号2)へのファウルフライなので2FFと記します。3アウトなのでマスの真ん中にⅢを記します。攻撃が終了したのでマスの右下に二重斜線を記します。

スコア








広告0の安全サイト

P革の種類と加工

野球ドット絵素材

メジャーリーグ

野球用語集

スパイク選び

野球のルール

スコアブックの付け方

球場訪問記