スコアブックの基本


スコアブックとは

スコアブックとは試合経過がわかるように記号で示したものです。特に決まった記入方法はないので、自分がわかりやすいように記入していきましょう。またスコアブックの記号は色々あり記入者によって違います。当サイトでは一般に使用されている記号を使って説明していきます。下記は実際に使用するスコアカードです。1試合につき2枚(見開き)使用します。ひとつが自分のチームのスコア、もうひとつが相手チームのスコアを記入します。

スコアブック


試合のはじまる前に

スコアブック上段には試合名・時間・場所・天候・対戦相手・審判名・記録者名などの記入する場所があります(下の図の青い部分)。試合がはじまる前にはきちんと記入するようにしましょう。

スコアブック

■日付・・・試合の行われる年月日を記入
■試合名・・・なんという大会の何回戦なのかを記入
■球場名・・・試合の行われる球場名を記入
■試合時間・・・試合開始時間・終了時間・所要時間を記入
■球場状態・・・選手のプレーに大きく影響するグラウンドの状態を「良好」等で記入
■天候/風向・・・天候を「晴れ・曇り・雨・雪・小雨」等で、
           風向きを「右→左、センター→本塁、強風」等で記入
■観客数・・・余裕があればその日の観客数を記入
■対戦チーム名・・・自チームとどこのチームが対戦したのかを記入
■審判名・・・線審、塁審、主審の氏名を記入
■記録者・・・後から見て疑問が生じたとき、誰が記録したかわかるように記入
■監督名・・・その試合で監督をつとめた人の氏名を記入
■放送者・・・放送を担当していた人の氏名を記入


次に先発選手の背番号、氏名、打席(右/左)、シート(守備番号)を記入しましょう(下の図の黄色の部分)。氏名の欄が3~5行あるのは、選手交代したときのためのものです。交代の際は選手名の記入を忘れないようにしましょう。
実際に記入すると下のような感じになります。守備位置、打ち方、氏名、背番号が記入できていますね。

スコアブック




守備番号

守備番号は各守備に与えられた番号です。スコアを記入するにあたってプレー経過を「三塁手→一塁手」、「遊撃手→二塁手→一塁手」などと記入していると手間になるので、「5-1」、「6-4-1」のように番号とハイフンで記します。ハイフンは送球順序をあらわします。守備番号は以下の通りです。
1・・・投手(ピッチャー)
2・・・捕手(キャッチャー)
3・・・一塁手(ファースト)
4・・・二塁手(セカンド)
5・・・三塁手(サード)
6・・・遊撃手(ショート)
7・・・左翼手(レフト)
8・・・中堅手(センター)
9・・・右翼手(ライト)


守備番号


イニングとマスの意味

下の図の緑色の番号はイニングを表しています。イニングごとに打席の結果を記入していきましょう。黄色の部分は選手の打席結果から走者として塁に出てからの内容を記入します。マスは4つに分かれておりそれぞれのマスには下記のプレー内容を記入していきます。

スコアブック

マス目をグラウンドに当てはめてみるとさらにわかりやすくなりますね。

スコアブック

打者が一巡した場合は次の回を斜線で消して付けるようにしましょう。

スコア



ボールカウント

ボールカウントはマスの上部または左側にある空白の場所に記入します。詳細は以下の通りです。ボールカウントは球審が判定する為、その判定どおりに記入するだけでよいです。また球数が多くなることもあるのでできるだけ小さめに書くとよいでしょう。

ボールカウント


記入をわかりやすくするために

記入を一目見てわかるようにするためにヒットは赤色、連続する一つのプレーで複数のスコアがからんだときは青色(ダブルプレーなど)などで色分けすることでスコアが一気にわかりやすくなります。










広告0の安全サイト

P革の種類と加工

野球ドット絵素材

メジャーリーグ

野球用語集

スパイク選び

野球のルール

スコアブックの付け方

球場訪問記