守備のスコア


エラーの記号

スコア エラーはEで記します。左のスコアはサードゴロの失策の例です。

スコア 左のスコアは3塁手の送球を1塁手がエラーした例です。エラーしたほうの守備番号にEを付けましょう。


野手選択の記号

スコア 野手選択はフィルダースチョイス(fielder's choice)の略のFCで記します。


捕逸の記号

スコア 捕逸はパスボール(passed ball)の略のPBで記します。


スコア どの打者のどのタイミングで捕逸となったのか記す為に ’ の記号で記します。


挟殺プレーの記号

スコア 挟殺プレーの場合は、送球した野手すべてを記します。最後に送球した野手にハイフンをつけます。左のスコアは捕手から遊撃手→一塁手→遊撃手→二塁手→一塁手へ送球がわたった場合です。最後がタッチアウトならT.O.と記録し[2・6・3・6・4-3T.O.]、送球者が暴投した場合は送球者にEをつけます。[2・6・3・6・4E-3]


インフィールドフライの記号

スコア インフィールドフライ(infield fly)の略のIFFで記します。またどの野手へのフライかも記しましょう。左のスコアは1塁手へのインフィールドフライの例です。


プレーの経過の記号

スコア インフィールドフライの略のIFFで記します。またどの野手へのフライかも記しましょう。左のスコアは1塁手へのインフィールドフライの例です。


スコア ダブルプレーはダブルプレ(double play)ーの略のDPで記します。左のスコアは下の打者がショートゴロを打ち、遊撃手→2塁手→1塁手の順でダブルプレーとなった例です。


スコア 今度は遊撃手がそのまま2塁を踏んでファーストへ送球してダブルプレイとなった例です。

スコア トリプルプレーはトリプルプレー(triple play)の略のTPで記します。左のスコアはショートライナーで飛び出したランナーを遊撃手→2塁手→1塁手の順でトリプルプレーとした例です。


タッチアウトの記号

スコア タッチアウト(touch out)の略のT.Oで記します。


タッチアップの記号

スコア タッチアップはフライを打った打者番号に丸をつけます。左の場合は三番打者のフライで2塁から3塁へ進塁した場合です。















広告0の安全サイト

P革の種類と加工

野球ドット絵素材

メジャーリーグ

野球用語集

スパイク選び

野球のルール

スコアブックの付け方

球場訪問記