走者のルール




スパイクの規則

■高校野球
スパイクの表面は黒一色とし、エナメルは使用できない。底は黒をベースにシルバー色系かゴールト色系のどちらかとし、その面積は50%を超えてはならない。赤、青、緑等の際立った色を使用したものは着用できない。 革底の場合はベースカラーに茶系色も使用できる。 商標、マークを、ベロ革部分に入れる大きさは縦3センチ、横5センチ以内とし、底部には10平方センチ以内の大きさで1箇所表示することができる。色は表示する場所と同系色とする。 スパイクには校名、校章などの表記はできない。また、スパイクのベロ革部分に氏名や番号をつけることも禁止する。 また、甲被にはラインを両サイドにそれぞれ1箇所、本体の黒と同色で入れることができる。 足首防護目的のハイカットスパイクは使用しても構わない。

トレーニングシューズの色は白または黒とする。靴底の色は白もしくは黒、濃紺であれば同一色でなくても構わない。 氏名または番号を入れる場合、甲部分(ベロ革部分周辺)一箇所のみとする。

■軟式野球
スパイクは全員、同色のものでなければならない。ただし、ワンポイントの商標については同色とみなす。また、学童部は、金属製金具のついたスパイクを使用することはできない。

■リトルリーグ
金属、くさびのついた靴は使えません。ゴム製くさびのついた靴は使えます。

■リトルシニア
(1)ポイントシューズの使用は禁止する。(監督、コーチは認める)ただし、球状の仕様により認める場合がある。
(2)スパイクのカラーはチーム同色とする。(監督、コーチ含む)
(3)足首保護目的のハイカットスパイク、ミドルカップスパイクは使用しても構わない。
(4)色は黒または白とする。

トレーニングシューズは可能な限り同一、同色とする。

■ボーイズリーグ
(a)スパイクは、指定業者のもので、同系統色で同系統色ラインのものを使用する。
(b)中学生の部選手のスパイクはポイント式、金具式ともに使用できる。ただし、小学生の部選手は、一体成型のポイント式とし、金具および取替え式は禁止する。
(c)監督・コーチは、選手と同系統色で同系統色ラインのスパイク、運動靴とする。

■ソフトボール
(1)靴はすべてのプレイヤーが使用しなければならない。
(2)靴の底は、滑らかな軟らかみのあるものか、硬い滑り止めのあるものである。
(3)金属製スパイク、または硬い滑り止めは、靴底からの高さが1.9cm以内のものが使用できる。  
(注1) ISF(国際ソフトボール連盟)ルールでは、ジュニア(19歳以下)の金属製スパイクの使用を禁止している。
(注2) 小学生、中学生、一般男子、壮年、実年、シニア、ハイシニア、レディース、エルダー、エルデストは金属製スパイクの使用を禁止する。
(4)針状の金属製スパイク(ゴルフシューズ・陸上用スパイクなど)は使用してはいならない。 (5)靴は同色のものを使用しなければならない。








広告0の安全サイト

P革の種類と加工

野球ドット絵素材

メジャーリーグ

野球用語集

スパイク選び

野球のルール

スコアブックの付け方

球場訪問記