走者のルール


バットの規則

■野球規則(1.10)
(a)バットはなめらかな円い棒であり、太さはその最も太い部分の直径が2.61インチ(6.6cm)以下、長さは42インチ(106.7cm)以下であることが必要である。バットは1本の木材でつくられるべきである。
(付記)接合バットまたは試作中のバットは、製造業者がその製造の意図と方法について、規則委員会の承認を得るまで、プロフェッショナル野球(公式試合及び非公式試合)では使用できない。
(注1)我が国のプロ野球では、金属製バット、木片の接合バット及び竹の接合バットは、コミッショナーの許可があるまで使用できない。
(注2)アマチュア野球では、各連盟が公認すれば、金属製バット、木片の接合バット及び竹の接合バットの使用を認める。ただし、接合バットについては、バット内部を加工したものは認めない。
(注3)アマチュア野球では、金属製バットを次のとおり規定する。
①最大径の制限…バットの最大直径は、67mm未満とする。
②質量の制限…バットの質量は、900g以上とする。なお、金属製バットの質量とは完成品であり、ヘッドキャップ(一体成形等により、ヘッドキャップを用いていないものにあっては、それと同等の部位)、グリップエンドノブ、グリップテープを除いた本体の質量は、810g±10g以上とする。
③形状の制限…金属製バットの形状は、先端からグリップ部までは、なだらかな傾斜でなければならない。なお、なだらかな傾斜とは、打球部からグリップ部までの外径の収縮率(全体傾斜率)が、10%を超えないことをいう。また、テーパー部の任意の箇所においても、50ミリの間での外径収縮率(最大傾斜率)は、20%を超えないことをいう。
(軟式注)軟式野球では、この規定を適用しない。
(b)カップバット(先端をえぐったバット)
バットの先端をえぐるときには、深さ1インチ(2.5cm)以内、直径1インチ以上2インチ(5.1cm)以内で、しかもそのくぼみの断面は、椀状にカーブしていなければならない。なお、この際、異物を付着して椀状にかーぶさせたりしないで、バットの素材をえぐるだけでなければならない。
(c)バットの握りの部分(端から18インチ(45.7cm)には、何らかの物質を付着したり、ザラザラにして握りやすくすることは許されるが、18インチの制限を超えてまで細工したバットを試合に使用することは禁じられる。
(付記)審判員は、打者の使用したバットが、打者の打撃中または打撃終了後に、本項に適合していないことを発見しても、打者にアウトを宣告したり、打者を試合から除いたりする理由としてはならない。
(注)パインタールが18インチの制限を超えて付着していた場合には、審判員は、自らの判断や相手チームからの異議があれば、バットの交換を命じる。制限を超えた部分のパインタールが取り除かれた場合だけ、打者は以後その試合でそのバットを使用することができる。バットの使用以前に指摘がなければ、本項に適合していないバットによるプレイはすべて有効であり、また、そのプレイについて提訴は認められない。
(d)プロフェッショナル野球では、規則委員会の許可が無ければ、着色バットは使用できない。
(注1)我が国のプロ野球では、着色バットの色については別に定める規定に従う。
(注2)アマチュア野球では、所属する連盟、協会の規定に従う。

■高校野球
木製の着色バットの使用を認める。ただし、使用できる着色バットは、日本アマチュア野球規則委員会運用基準によるものとし、以下の通りとする。
1)黒・ダークブラウン系、赤褐色系及び淡黄色系とする。
2)木目を目視できるものとする。
3)拙劣な塗装技術を用いていないものとする。(例えば、ボールに塗料が付着するなど。) 金属製バットは、「製品安全協会」のSGマークが付けられているものに限る。色彩は金属の地金の色、木製に近い色または黒とする。ただしプレイの妨げとなるような反射するものは認められない。木製および金属製バットの商標は次の通りとする。
(1)バットの先端部分にはバットモデルとバットの品名・品番・材種のみを表示するものとし、マーク類は表示できない。この表示の大きさは、バットの長さに沿って縦5センチ、横9.5センチ以内とする。但し軟式用バットの表示の大きさは縦8センチ、横28センチ以内とする。文字の大きさは縦、横とも2センチ以内でなければならない。
(2)握りに近い部分には、製造業者または製造委託業者の名称を含む商標を表示するものとし、この表示の大きさは、バットの長さに沿って縦6.5センチ、横12.5センチ以内とする。
(3)金属製バットで製造業者(日本高等学校野球連盟で使用認可の登録を受けた業者)の名称1、2項と別に表示する必要のある場合は、握りに一番近い部分に表示することとし、大きさはバットの長さに沿って、縦1センチ、横4センチ以内とする。ただし、軟式用バットはテーパ部にはリング等商標と認識されない印刷は認める。
(4)これらの表示は金属の地金の色または木製に近い色の場合は黒とし、本体が黒の場合は金属の地金の色または木製に近い色とし、すべて同一面の1ヵ所だけとする。なお、軟式用バットの打撃部への商標表示については、2ヶ所(表面、裏面)まで認める。
(5)グリップテープの色は、黒もしくは茶系とする。
(6)マスコットバットの長さの制限については、通常のバットの長さ(42インチ以下)と同様とする。

■軟式野球
3. バットは、公認野球規則で規定されたもののほか、次による。
(1) 一本の木材で作った木製バットのほか、竹材、木片などの接合バットであるこ
と。木製については公認制度を適用しない。
(2)金属・ハイコン(複合)バットは J・S・B・B のマークをつけた公認のものに
限る。また、色の制限はないが単色以外の場合は連盟の承認を必要とする。
(3)バットの使用区分は、次のよる
ア 少年用と表示されているものは、C号及びD号ボールに使用
イ 一般用と表示されているものは、A号、B号及びC号ボールに使用

■リトルリーグ
バットは、リトルリーグ仕様及び規格を満たすバットでなければならない。バットはなめからな円い棒で、リトルリーグ規格に基づいて試験及び承認された木材または材料、色で作成されたものとする。
長さは33インチ(83.8cm)以下で、直径は2-1/4インチ(5.7cm)以下とする。非木製バットの場合、1.15以下のBPF(バット・パフォーマンス・ファクター)値が表示されていなければならない。 例外:2011-2012年シーズン、リトルリーグ(メジャー部門)以下では、レギュラーシーズンとトーナメントにおいてリトルリーグ・インターナショナルが認可したもの以外の複合バッ トの使用は禁止されている。認可されたバットの一覧はリトルリーグのウェブサイト ( http://www.littleleague.org)に掲載されている。

■リトルシニア
(1)金属製バットは中学硬式用、硬式用に限る。
(2)木製、接合バットの使用は認める。(合板、合竹等)
(3)マスコットバットの使用は認めるが、バットリング、鉄棒類の使用を禁止する。

■ボーイズリーグ
(1)小学生部のバットは、82cm以下で、連盟マークが付いていること、シールは不可。
(2)中学生部のバットは、指定業者のブランドのみ使用できる。ただし、中学生の部選手は、小学生部選手のバットは使用できない。

■ソフトボール
(1)バットは、木材・金属・プラスチック・グラファイト・カーボン・ガラス繊維・セラミックス・チタン合金あるいは複合材料で作られたものである。
(2)バットは丸い棒状であって、表面は滑らかで凹凸があってはならない。
(3)バットには、コルク、テープ(滑らかなプラステックテープでないもの)、または合成物質からなる安全グリップをつけなければならない。
(注1) グリップ性を高めるために安全と認めた樹脂・ロジン・スプレーなどを、グリップ部分にのみ使用することができる。
(注2) グリップにテープを使用する場合は、らせん状に連続して巻かなければならない。テープは二重に巻いてはならない。
(4)金属バットは、両端部分が密閉された一体構造でなければならない。
(5)握り部分には安全ノブをつけなければならない。安全ノブは90~100度の角度で少なくとも8mmの高さがなければならない。
(6)フレアバット・コーンバット、フレア状あるいはコーン状のアタッチメントをつけたものは変造バットとみなされる。
(7)バットは、本協会のJSA検定マークが入っているものを使用しなけらばならない。
(8)バットには3号、2号、1号がある。3号には「ゴム・革ボール用バット」と「ゴムボール用バット」がある。
(注) ゴムボール用バットで革ボールを打ってはならない。
(9)大会で使用するバットの号数は本協会で指定する。

名称 長さ
(cm)
直径 重さ
(kg)
安全グリップ
(cm)
3号バット 86.36以内 5.72cm以内
+0.79mm
1.08以内 25.4-38.1
2号バット 81.3以内 5.08cm以内
+0.79mm
1.08以内 23.8-35.8
1号バット 78.8以内 5.08cm以内
+0.79mm
1.08以内 23.1-34.6









広告0の安全サイト

P革の種類と加工

野球ドット絵素材

メジャーリーグ

野球用語集

スパイク選び

野球のルール

スコアブックの付け方

球場訪問記