走者のルール




フェアボールとなる場合

■フェアボールとなる場合

1.一度ファウル地域に出ても、再び内野に止まった時は、フェアボールである。
フェアボール

2.バウンドしながら内野から外野へ超えていく場合には、「一塁または三塁」を基準として判断すべきであって、「一塁または三塁」を過ぎるときに、フェア地域内かまたはその上方空間にあった場合は、その後のファウル地域に出てもフェアボールである。

フェアボール

3.一度塁に触れれば、その後どの方向に転じても、すべてフェアボールである。

フェアボール

4.最初落ちた地点が、内野と外野との境にあたる一二塁間、二三塁間の線上、または外野のフェア地域であれば、その後内外野問わずファウル地域にでても、フェアボールである。

フェアボール

5.フェア地域内またはその上方空間で、審判員またはプレーヤーに触れたときは、すべてフェアボールである。

フェアボール

6.ボールが最初野手に触れた位置が、フェア地域内の上方空間であれば、フェアボールである。たとえその野手の体の大部分、すなわち足、胴体などがファウル地域内にあっても、それには関係しない。

フェアボール



*ボールが止まった位置が少しでもファウルラインにかかっていればフェアとなります。

フェアとファウル








広告0の安全サイト

P革の種類と加工

野球ドット絵素材

メジャーリーグ

野球用語集

スパイク選び

野球のルール

スコアブックの付け方

球場訪問記