走者のルール



守備の基本

■野手の守る位置
野手には定位置がありますが、基本的にフェア地域であればどこでも守っても構いません。ただしファウル地域で守ることは禁止されています。ファウルラインをまたいで構えることもできません。

■タッチアウトにするには
ボールを持っていて、持っていない方の手またはグラブでランナーにタッチしてもアウトとはなりません。必ずボールを持った方の手もしくはグラブでタッチしましょう。

■キャッチャーの位置
キャッチャーはキャッチャーボックス内で両足を置いて守らなければなりません。敬遠のときなどは両足をボックス内におき、投球されたのちボックスからでて捕球することになります。もしキャッチャーが投球前に片足でもボックスをでてしまうとボークとなってしまいます。


捕球

■捕球となる場合
正規の捕球とは、「地面もしくはフェンスにまだ触れていない打球、投球、送球をグラブまたは素手で確実につかむこと」です。地面に触れる前なので、一度自分の体に当たった後に確実につかむことができれば捕球とみなされます。帽子やユニフォームなどでのキャッチや、それらを投げつけてキャッチした場合は、正規の捕球とはなりません。この場合は走者に3つの進塁が与えられます。またユニフォームにボールが入ったときは、ランナーに2個の進塁が与えられます。グラブにボールが挟まりぬけなくなったときは、そのままプレーは続行され、ランナーをアウトにするには、グラブにボールが挟まったまま野手へ投げ渡すか、そのままランナーにタッチしなければなりません。

■打球の捕球
地面やフェンスに触れる前に打球をグラブや素手でつかめば捕球となります。打球に触れた後ジャッグルした場合も捕球と認められます。またグラブで打球を止めたものの完全な捕球前にこぼした場合でも、地面につく前に確実につかめば捕球となります。たとえばボールをグラブと体の間にはさめてとったときは、その後にグラブもしくは素手でキャッチできれば捕球となります。また、野手の一人がお手玉した球を地面に落ちる前に他の野手がキャッチしたら捕球とみなされます。その過程でお手玉した球が審判や走者にあたり別の野手がキャッチしても捕球したことにはなりません。

他にはボールデッドの地域に打球が飛んだ場合は、ボールデッド地域に足を踏み込まずにキャッチできれば捕球となります。捕球後にボールデッド地域に倒れ込んでも同じく捕球です。

■投球の捕球
投球の捕球は捕手の仕事です。投球が捕手のミットに触れるまで地面につくようなことがあれば正規の捕球とはなりません。最終的に完全にミットの中に投球があったとしても一度地面につけば捕球とはなりません。また、プロテクターにあたった後、審判にあたった後などにミットでキャッチしても捕球とはみなされません。

投球に対してバットにかすりそのまま捕手のミットに入った場合(ファウルチップ)は、捕球することができればストライクとなります。捕球できなければファウルとなります。また、 2ストライク後にファウルチップがそのまま捕手のミットに入った場合は、打者は空振り三振となります。ミットに触れながらも捕球できずにそのまま捕手の体や身につけている用具にあたり、地面に落ちる前に捕球すれば捕球したことになります。

■送球の捕球
フォースアウトにするときなど、塁に触れることでアウトにできるケースでは送球が地面についたとしてもグラブや素手で確実につかむことができれば捕球となります。ただし、グラブで受けたもののジャッグルしたりして完全に捕球する前に、ランナーが塁へ到達すればアウトとはなりません。また、野手が身につけているものの一部を投げつけて送球に触れた場合は、ランナーに2個の進塁が与えられます。

逆に送球する相手が打球を捕球後に送球モーションに入ってから落球した場合は、一定時間ボールを確実につかんで保持したとして捕球と見なされます。



ランナーをアウトにする場合

■フォースアウト
後ろのランナーの進塁によって押し出されて、次の塁へ進塁の義務が生じた前のランナーは、送球が進むべき塁に先に到達した時点でアウトとなります。つまり走者にタッチすることなくベースを踏むだけでアウトをとることができます。このように進塁の義務が発生して次の塁へ進まなければならなくなった場合におこるプレイはフォースプレイと呼びます。このプレイでアウトになった場合はフォースアウトといいます。打者走者を一塁でアウトにする場合と一緒です。また、走者1塁の場面で、バッターが打ち先に打者走者を1塁でアウトにしてしまうと、1塁ランナーは進塁の義務がなくなりますので、1塁ランナーを2塁でアウトにする場合にはタッチが必要となります。

フォースアウト
■タッチアウト
進塁の義務があるフォースプレーとは違い、進塁の義務がない場合のランナーをアウトにするにはタッチプレーが必要となります。その名の通りランナーにタッチしないとアウトにはできません(タッチアウト)。たとえばランナー1・3塁の場合、バッターが打てば1塁ランナーは2塁への進塁の義務が生じますが、3塁ランナーには生じません。進塁の義務のある1塁ランナーは2塁でフォースアウトをとることもできますが、3塁ランナーは進塁の義務がないのでアウトにするにはタッチが必要となります。

タッチアウト

■ダブルプレー
一つのプレーで一度に2つのアウトをとることをダブルプレーと呼びます。主にアウトの取りやすいフォースプレイで多いです。

■トリプルプレー
一つのプレーで一度に3つのアウトをとることをトリプルプレーと呼びます。

■フィルダースチョイス(野手選択)
野手が1塁で打者走者をアウトにする代わりに前の走者をアウトにしようと送球して、結局アウトにできなかった場合のことをフィルダースチョイス(野手選択)といいます。前の走者がアウトとなればフィルダースチョイスとはなりません。

■アピールアウト
攻撃チームの違反に対して守備側のチームが審判にアピールしてアウトにする行為をアピールアウトといいます。アピールはボールインプレイ中で、次のプレイが始まる前にしなければなりません。ボールデッド中の行為に対してアピールする場合は、審判のプレイ宣告した直後にアピールしなければなりません。

アピールアウトのケース
・タッチアップでのランナーの離塁が早かったときやベースに触れ直さなかったとき
・ランナーが塁を踏み忘れてたとき
・打順間違いがあったとき

2アウト満塁で打者が本塁打を放ち1塁を踏み忘れた場合、3つ目のアウトが打者走者が1塁へ到達する前にアウトとなったときのため全ての得点は認められません。また一塁ランナーが二塁を踏み忘れた場合も、3つ目のアウトがフォースアウトとなるため同じく全ての得点は認められません。

■インフィールドフライ
インフィールドフライとは、0アウトまたは1アウトで走者が1・2塁または満塁のときに内野フライとなった場合に、打球が捕球されたかどうかに関わらずに打者がアウトになることです。ただし打者がバットを振ってフライとなった場合のみで、ライナーやバントフライとなった場合は適用外となります。インフィールドフライは、野手が故意に落球してダブルプレーなどの行為を防ぐための規則です。 またインフィールドフライは審判がコールします。同じアウトカウントと走者位置であっても天候状況や守備状況によってコールされる場合とそうでない場合もありますので注意しましょう。仮に風に流されてファウルとなったときはインフィールドフライは取り消されてファウルとなります。インプレー(プレイ進行中)ですので、ランナーは次の塁へ進む機会があれば進塁できます。合わせてインフィールドフライが宣告されていれば、バッターはアウトになるため、ランナーの進塁の義務は生じませんのでアウトをとるためにはタッチが必要となります。

■故意落球
0アウトまたは1アウトでランナー1塁、1・2塁、1・3塁、満塁のときに、内野フェアフライもしくはライナー、バントフライなどが飛び、内野手が複数のアウトを狙う目的で、グラブや素手に一度触れた後地面に落とした場合は故意落球となりバッターはアウトになり、ボールデッド(プレイ中断)となります。打球においては容易にとれると判断されたものに限り、難しい打球がグラブに当たって落球したときなどは故意落球の扱いにはなりません。故意落球の判断は審判員が行います。ちなみに外野手の故意落球はありません。

妨害

■ランナーの走塁を邪魔した場合
ランナーの走塁を妨害した場合は走塁妨害となり、ランナーに1つ以上の進塁が与えられます。逆に打球を処理しようとしている野手にランナーがぶつかれば守備妨害でランナーアウトとなります。

キャッチャーにおいては、ボールを持っているか送球を捕球しようとする状況でなければ本塁をふさいでブロックすることはできません。この状況以外でブロックすると走塁妨害となります。

■キャッチャーとバッターランナーが接触した場合
本塁付近においては打球を処理するキャッチャーと一塁へ向かう打者走者の接触があったとしても守備妨害と走塁妨害が相殺されてそのままボールインプレイの状態となります。ただしどちらか故意に妨害したと判断されれば妨害したほうにペナルティが与えられます。

■審判が守備の邪魔した場合
キャッチャーが盗塁をしたランナーをアウトにしようと送球を試みたが、審判に手があたり送球ができなかったときは審判の妨害として盗塁したランナーは元の塁へ戻されます。ただし、その妨害にもかかわらずランナーをアウトにできたときは妨害はなかったこととなります。また、フェア打球が内野手を通過する前に審判にあたると、打者に一つの塁が与えられます。野手を通過するか、野手に当たったあとに審判にふれた場合はそのままインプレー(プレイ進行中)です。キャッチャーが打者走者をアウトにするために一塁へ送球するときに主審にあたり送球できないか悪送球となったときは打者走者はアウトとなります。

■グラウンドの選手以外の人がフェアボールにふれた場合
故意ではないときはそのままインプレー(プレイ進行中)ですが、故意の場合はボールデッド(プレイ中断)となり、もし妨害がなかったらどのようになっていたかを審判が判断して対処します。

■観客が打球や送球を妨害した場合
もし妨害がなかったらどのようになっていたかを審判が判断して対処します。

送球がランナーに当たった場合
偶然にも塁間などで送球に当たった場合は守備妨害にはならずそのままプレーは続行されます。故意であるなら守備妨害となります。

■同じグラウンドでプレイしている別の試合のボールが入ってきた場合
審判は担当している試合のプレイが続行中ならそのままプレイします。タイムをかけられる状況になったらタイムをかけて試合を中断します。























広告0の安全サイト

P革の種類と加工

野球ドット絵素材

メジャーリーグ

野球用語集

スパイク選び

野球のルール

スコアブックの付け方

球場訪問記