P革の加工



縫いPの加工

p革
1.革のはぎれもしくは縫いP専用の革をつかってスパイクに縫い付けていきます。
p革
2.今回はこのような形の革を貼り付けていきます。
p革
3.あとから革をはさみこむのでアウトソールとアッパーの間の部分をひろげてあけておきます。
p革
4.木型を使ってスパイクに張りを持たせます。写真は26cmですが、1cmの薄い木(写真右下)でサイズを調整していきます。
p革
5.木型をスパイクの中に入れて革がしっかりはりつくようにします。あまり長くいれるとスパイクが広がるので気をつけましょう。
p革
6.好みに応じて革を合わせていきます。
p革
7.ペンで貼り付ける場所を記していきます。
p革
8.貼り付ける場所に革専用のボンドを塗りつけていきます。
p革
9.革のほうにもボンドを塗りつけていきます。
p革
10.スパイクへ貼り付けます。
p革
11.中心部からサイドへ向かってしっかりはりつけていきます。
p革
12.革をアウトソールとアッパーの間にドライバーなどではさみこんでいきます。
p革
13.しっかり間にはさみこむことができました。
p革
14.次にスティッチャーを使って底を縫い付けていきます。
p革
15.革底スパイクの縫い目に合わせて穴に一緒に縫い付けていきます。
p革
16.すべて縫い付けることができました。

p革
17.側面からみるとこんな感じになっています。
p革
18.縫いの最後はしっかり固結びしてほどけないようにしておきます。
p革
19.余った革をはさみやカッターで切っていきます。細かい部分は小さなソーイングのはさみなどで切るとキレイに切れます。
p革
20.きれいに切ることができました。
p革
21.側面から見るとこんな感じです。
p革
22.次にコバ金をつけていきます。
p革
23.これも好みの場所にコバ金を付けることができます。
p革
24.コバガネをサイドから打ち付け固定したら釘を打ち付けていきます。
p革
25.ソールを打ち付けて一番はじめに広げたコバの間をもとにもどします。
p革
26.テープで固定してシューフィックスを塗る準備をします。
p革
27.シューフィクスを塗っていきます。
p革
28.アッパー部分を縫い付けていきます。(画像は別のスパイク縫い付けです)
p革
29.テープをはがします。シューフィックスは二度塗りして補強を高めます。
p革
30.オリジナルの縫いPの完成です。




























広告0の安全サイト

P革の種類と加工

野球ドット絵素材

メジャーリーグ

野球用語集

スパイク選び

野球のルール

スコアブックの付け方

球場訪問記