P革の加工



打ち縫いの加工

p革
1.これが革製P革です。
p革
2.裏面はこんな感じです。
p革
3.スパイクを専用の台座にセットします。
p革
4.打ち縫いの打ちはできるだけまっすぐ打ったほうが良いと思います。
p革
5.打ちつけ順は左の通りです。はじめに中心を打ち付け、次にサイドの端を打ち付けてP革を固定します。そしてその間の区間を均等に埋めていきます。(加工者、店によっても異なります。)
p革
6.打ちPと同様斜めに打ち付けてもよいですが、打ち縫い用の釘の打ち付けはまっすぐ目のほうが入りやすいです。
p革
7.釘の先端は曲がるようにあらかじめ斜めに切られており、釘は左のように曲がっていきます。
p革
8.きれいに打ち付けると左のようになります。感覚、向きとも一定ですね。
p革
9.以前とある野球専門店で頼んだ打ちPですが、見栄えが悪いですね。均等でもなく向きもバラバラですね。
p革
10.きちんと釘が曲がっているとスパイクの中から左のように見えます。
p革
11.奥までしっかり入っていると引っかかりがなく抜けにくくなります。
p革
12.左は奥まで入っていない例です。
p革
13.次にアッパー部分を八方ミシンで縫い付けていきます。
p革
14.左は縫い付けの順です。ハトメの部分は縫わないように気をつけましょう。縫い初めと縫い終わりは折り返して縫いましょう。
p革
15.できあがり!
 





















広告0の安全サイト

P革の種類と加工

野球ドット絵素材

メジャーリーグ

野球用語集

スパイク選び

野球のルール

スコアブックの付け方

球場訪問記