雨に濡れたときは



ボルト式取替え金具


取替式金具スパイクの金具交換です。通常のものなら金具は自分で交換できますが、ミズノのM-LOKタイプやSSKのリベット式だと、スポーツ店やメーカーにある特定の機材がないと取り外しできませんので注意が必要です。スパイク購入時にレンチがついているなら自分で取り外し可能なスパイクです。


金具交換 元々シューズについていたレンチで金具を取り外していきます。付属のレンチがなくなっても、レンチ単体で販売しています。
金具交換 レンチで回しながら外していきます。
金具交換 すべて外し終わりました。
金具交換 ネジの長さが微妙に違うのがわかりますでしょうか?かかと部分のほうが長いのです。取り付ける際は気をつけましょう。ネジにサイズが表記されている場合もあります。
金具交換 取替え金具にはサイズがあるので注意しましょう。スパイクの大きさで分かれていますね。
金具交換 今回は樹脂タイプのものに交換しましょう。左と右がありますので間違えないようにしましょう。取替器具に記載されています。
金具交換 今度のネジはドライバーで取り付けるタイプだったので、ドライバーで取り付けていきます。
金具交換 はい、完成です。試合中にとれないようにある程度しっかりしめることは大事ですが、締めすぎるとネジがバカになるので注意が必要です。


釘式取替え金具


もうひとつ、釘でとめている取替え金具があります。これは専用のスパイク台座がないと交換出来ません。スポーツ店などにお願いしましょう。

金具交換 取替え金具を購入するときに釘止め式と記載されているものを購入しましょう。
金具交換 釘止め式は釘で打ち曲げて固定するタイプです。
金具交換 シューズの内部から釘を突き刺して、底部分にでるようにします。
金具交換 スパイク台座にセットして専用の釘曲げを使って釘を曲げていきます。曲がったら先端のとがった部分を釘切りでカットします。あとは金具と釘の間に無駄なスペースがないように金槌で打ち付けていきます。















広告0の安全サイト

P革の種類と加工

野球ドット絵素材

メジャーリーグ

野球用語集

スパイク選び

野球のルール

スコアブックの付け方

球場訪問記