スパイクの種類


1.スパイク(靴底の突起物)の違い

まず大きな違いはスパイク(靴底突起物)の違いですね。スパイクには金属製と樹脂・ゴム製の二つにわかれます。樹脂・ゴム製スパイクはポイントスパイクとも呼ばれます。金属スパイクはグリップ力がありますが、ポイントスパイクでは劣ります。またポイントスパイクのほうが樹脂・ゴム製なので安全です。

スパイク

野球団体により使用できるスパイクの種類が決められているのできちんと確認しましょう。基本的に少年野球やソフトボールではポイントスパイク、その他では金属という認識でいいと思います。

スパイクのルールはこちら


2.カラーの違い

スパイクの違いだけでスポーツ店にいくと結構絞ることができますね。今度はカラーの違いです。自分の好きなカラーを選べばいいというわけではありません。上のルールにもあるように色はチーム、団体により決められていますので購入前には必ず確認しましょう。

カラーの違い


3.埋め込み式と取替え式の違い(金属のスパイク)

ここからは金属製の違いについてです。まずは大きな違いは金属部分が取り替えできるか否かです。金属部分は使えば使うほどすり減ってきますので取替え式の方がよいと思われがちですが、埋め込み式に比べて金属部分が多いのでその分スパイクの重量が重くなります。また埋め込み式の金属部分は取替え式よりも、耐久性が何倍も強く作られているので、今では軽く耐久性のある埋め込み式が主流となっています。

スパイク

  メリット デメリット
埋め込み式 耐久性がある
突き上げ感が少ない
金属部が少ないので軽い
疲労度が少ない
走りやすい
金属部が少ないのでソールが柔らかい
すり減っても交換できない
取替え式 グラウンド状態で交換できる
すり減れば交換できる
突き上げ感がある
金属部が多いので重い


また気をつけていただきたいのが、取替え式でも自分では取り替えができずにお店の特殊な機材でしか取替えられないものもあります。代表的なものがミズノのM-LOK(エムロック)です。M-LOKは使用中に緩むこともなく、突き上げ防止のメリットがありますが、いざ交換となると、専用機材のある店を探さねばならず、工賃も数千円かかりますのであまりおすすめはできませんね。

他にもSSKのリベット式金具も同様で、お店の特殊な機材でしか交換はできません。それに加えて機材を備えているお店も少なく、工期・工賃も結構かかりますのでこれもあまりおすすめはできませんね。

ただ、取替える場合はおすすめはできませんが、金属がすり減ったら新しいスパイクを買い替えるというのなら何も問題はないでしょうね。両方ともネジ部分が丸みを帯びていてレンチではとれないようになっています。

学生など使う頻度が高い方は、金属部分がすり減るより先に、サイズがあわなくなるか、アッパー部分が破けてしまうでしょうね。

スパイク

続いて歯(ケン)の数についてです。歯の本数が多いとそれだけグリップ力があがりますが、引っかかりの強さを感じてしまい、さらに重さが増します。より軽さを求めるなら歯の本数を減らしたほうがよいですが、その分グリップ力が下がります。投手などでは三角歯などの歯の少ないスパイクを使用します。練習用のスパイクと試合用のスパイクで分けている方は歯の本数にも注意してください。同じ本数の歯でないと動きに違いがでてきます。

▼主要メーカー取替え式
取替え式


▼主要メーカー埋め込み式と三角金歯
埋め込み金具

4.アウトソールの違い(金属のスパイク)

続いてアウトソールの違いです。アウトソールとは靴底のことで、樹脂製のものと革製のものがあります。金具との組み合わせは以下の通りです。

■取替え式-革底
■埋め込み式-樹脂底
■取替え式-樹脂底

革底のものには埋め込み式はありません。取替え式のみとなります。樹脂底の場合は両方あります。革底は革製のためにグラウンドコンディションの悪いときには向きません。しかし革のため足なじみがよく履き心地は良くフィットします。ただ取替え式金具のため突き上げ感があります。革底は底が縫い付けてあるのですぐわかると思います。

樹脂底のものはプロやメジャーでも使われており、突き上げ感がなく疲れにくいですが、足なじみは革製に比べると良くはありません。

スパイク

  メリット デメリット
樹脂底 突き上げ感が少ない
足の負担が少ない
耐久性がある
ひざに故障がある人向き
足が疲れにくい
足になじまない
革底 使えば使うほどフィットする
足の感覚を地面に伝えやすい
耐久性がない
手入れが大変
突き上げ感が大きい
足が疲れやすい
雨に弱い


5.アッパーの違い(金属のスパイク)

アッパーとは甲を覆う部分のことです。ここの素材が違うことで履き心地がかわってきます。大きな違いとして天然皮革、人工皮革、合成皮革があります。

天然皮革は動物(主に牛)の皮膚と毛と皮下組織を取り除いた部分で構成された革です。足になじみ、履けば履くほど足にフィットしてきます。しかし天然の革だけに手入れが難しく悪天候の日の使用には向きません。

次は人工皮革です。人工の皮革であり、天然皮革に似せて作った革です。不織布の表面に樹脂(主にポリウレタン)を加工したものです。耐久性や耐水性があります。

最後は合成皮革です。人工皮革に似ていますが、人工皮革との違いは不織布を使用していないことです。不織布以外の素材の表面に樹脂(主にポリウレタン)を加工したものです。人工皮革同様に耐久性と耐水性があります。

アッパー

他の素材を使用したアッパーもあります。まずカンガルー革です。カンガルーの皮から作られた天然皮革です。天然皮革同様の機能性ですが、「軽さ」が際立っている革です。

他にはヒツジの皮を使った手触りの良く柔らかいシープ革、吸汗速乾性にすぐれ、一部撥水性を備えたエクセーヌ、通気性の良いランドセルに使われるクラリーノなどがあります。

その他の素材で最近人気があるのがヌバック調の革です。ヌバック革は動物の皮の表面をこすって起毛させた革のことですが、スパイクに使われるのは人工皮革の「ヌバック調」といわれる革です。とても軽く薄いですが、それゆえにもろく、破れやすい素材です。手入れが大変で悪天候時にはとても使用できません。同じく軽いメッシュ素材のものも同様ですね。

  メリット デメリット
天然皮革 足になじむ
軽い
耐久性に劣る
悪天候に使用できない
手入れが大変
カンガルー革 足になじむ
軽い
薄い
柔軟性がある
耐久性に劣る
悪天候に使用できない
手入れが大変
ヌバック調 軽い
薄い
耐久性に劣る
悪天候に使用できない
手入れが大変
人工皮革
合成皮革
耐水性がある
耐久性がある
足になじまない


6.カットの違い

履き口部分のくるぶしを覆う高さの違い(カット)があります。くるぶしより下に履き口があるローカット、レギュラーカット、ノーマルカット、くるぶし上部ぐらいに履き口がくるミドルカット(ミッドカット)、くるぶしを完全に覆う履き口で足首を固定するハイカットなどがあります。それぞれ好みもありますが、足首に不安がある人はハイカット、投手はローカット(レギュラー/ノーマルカット)を選んだりします。

カット

  機能
レギュラーカット
ローカット
足の自由度が高い。
速く走ることができる。
カットが低い分軽い。
砂が入りやすい。
ミドルカット
ミッドカット
くるぶしを保護することができる。
少しホールド感が欲しい人向け。
クロスプレーやスパイク時に安全。
ハイカット アキレス腱を痛めたり捻挫のクセがある人向け。
砂が入り込みにくい。
足首が動かしにくく重い。
クロスプレーやスパイク時に安全。


7.ベロの違い

甲の紐結んだ最上部足首前面にある部分。折りベロと立ちベロがあります。折りベロはその名の通り折り返して紐上部を隠すようにしているベロです。紐切れを防いだりしてくれます。立ちベロは足首部分に立ったようになっているベロです。それぞれ好みで選ばれます。

ベロ

8.紐とベルトの違い

さすがに紐が結べる人は紐のスパイクを選ばれると思いますが、そうではないまだ紐の結べない小さなこどもはベルトを選ぶ傾向があります。一般の大人のスパイクではベルト式のスパイクはありませんがオーダーで作ることも可能です。また、トレーニングシューズはすぐに履き替えられるようにベルトで作られたモノがほとんどです。

ベロ


トレシュー







広告0の安全サイト

P革の種類と加工

野球ドット絵素材

メジャーリーグ

野球用語集

スパイク選び

野球のルール

スコアブックの付け方

球場訪問記