第2回ワールドベースボールクラシック


詳細

■開催日:平成21年3月5日~23日
■開催場所:1次リーグ/日本、メキシコ、カナダ、プエルトリコ 2次リーグ~/アメリカ

日本代表選手・監督・コーチ

監督:原辰徳
投手コーチ:山田久志、与田剛
総合コーチ:伊東勤
打撃コーチ:篠塚和典
内野守備走塁コーチ:高代延博
外野守備走塁コーチ:緒方耕一

第1次登録メンバー候補34名(12/15発表)
■投手
岩隈久志(楽天)
内海哲也(巨人)
岸孝之(西武)
小松聖(オリックス)
杉内俊哉(ソフトバンク)
田中将大(楽天)
ダルビッシュ有(日本ハム)
馬場孝浩(ソフトバンク)
藤川球児(阪神)
山口鉄也(巨人)
涌井秀章(西武)
渡辺俊介(ロッテ)
和田毅(ソフトバンク)
松坂大輔(レッドソックス)
黒田博樹(ドジャース)→辞退
斎藤隆(元ドジャース)→辞退
岩田稔(阪神)★1/9追加
[黒田の代わり]
■捕手
阿部慎之助(巨人)
石原慶幸(広島)
細川亨(西武)
城島健司(マリナーズ)
■内野手
小笠原道大(巨人)
片岡易之(西武)
川崎宗則(ソフトバンク)
栗原健太(広島)
中島裕之(西武)
松中信彦(ソフトバンク)
村田修一(横浜)
岩村明憲(レイズ)
■外野手
青木宜親(ヤクルト)
稲葉篤紀(日本ハム)
内川聖一(横浜)
亀井義行(巨人)
イチロー(マリナーズ)
福留孝介(カブス)
第1次登録メンバー42名(1/20発表)
★は今回新たに追加、番号は背番号
■投手
岩隈久志(楽天)20
岩田稔(阪神)19
内海哲也(巨人)26
岸孝之(西武)17
小松聖(オリックス)28
杉内俊哉(ソフトバンク)47
武田勝(日本ハム)★
田中将大(楽天)15
ダルビッシュ有(日本ハム)11
寺原隼人(横浜)★
永川勝浩(広島)★
馬場孝浩(ソフトバンク)14
藤川球児(阪神)22
山口鉄也(巨人)39
涌井秀章(西武)16
渡辺俊介(ロッテ)31
和田毅(ソフトバンク)21
岡島秀樹(レッドソックス)★
小林雅英(インディアンス)★
松坂大輔(レッドソックス)18
■捕手
阿部慎之助(巨人)10
石原慶幸(広島)29
高橋信二(日本ハム)★
細川亨(西武)27
城島健司(マリナーズ)2
■内野手
小笠原道大(巨人)9
片岡易之(西武)7
川崎宗則(ソフトバンク)52
栗原健太(広島)5
田中賢介(日本ハム)★
中島裕之(西武)6
西岡剛(ロッテ)★
松中信彦(ソフトバンク)3
村田修一(横浜)25
岩村明憲(レイズ)8
■外野手
青木宜親(ヤクルト)23
稲葉篤紀(日本ハム)41
内川聖一(横浜)24
亀井義行(巨人)35
福地寿樹(ヤクルト)★
イチロー(マリナーズ)51
福留孝介(カブス)
1
最終メンバー28名(2/22発表)
番号は背番号
■投手
岩隈久志(楽天)20
岩田稔(阪神)19
内海哲也(巨人)26
小松聖(オリックス)28
杉内俊哉(ソフトバンク)47
田中将大(楽天)15
ダルビッシュ有(日本ハム)11
馬場孝浩(ソフトバンク)14
藤川球児(阪神)22
山口鉄也(巨人)39
涌井秀章(西武)16
渡辺俊介(ロッテ)31
松坂大輔(レッドソックス)18
■捕手
阿部慎之助(巨人)10
石原慶幸(広島)29
城島健司(マリナーズ)2
■内野手
小笠原道大(巨人)9
片岡易之(西武)7
川崎宗則(ソフトバンク)52
中島裕之(西武)6
村田修一(横浜)25
岩村明憲(レイズ)8
■外野手
青木宜親(ヤクルト)23
稲葉篤紀(日本ハム)41
内川聖一(横浜)24
亀井義行(巨人)35
イチロー(マリナーズ)51
福留孝介(カブス)
1

日本代表の予定

2月15日 宮崎合宿開始
2月21日 練習試合(巨人)[サンマリンスタジアム宮崎]
2月22日 練習試合(巨人)[サンマリンスタジアム宮崎]
2月22日 宮崎合宿終了
2月24日 強化試合(vsオーストラリア) [京セラドーム]
2月25日 強化試合(vsオーストラリア) [京セラドーム]
2月25日 最終メンバー発表
2月28日 強化試合(vs西武) [東京ドーム]
3月01日 強化試合(vs巨人) [東京ドーム]
3月04日 公式練習[東京ドーム]
3月05日 WBC開幕
3月05日-12日 1次リーグ
3月11日 強化試合(vsジャイアンツ)[アリゾナ](日本時間12日)
3月12日 強化試合(vsカブス)[アリゾナ](日本時間13日)
3月14日-19日 2次リーグ
3月21日-22日 準決勝
3月23日 決勝

強化試合/練習試合結果

■韓国の強化試合
03月02日 西武 2-4 韓国
03月03月 巨人 3-0韓国
■台湾の強化試合
03月02日 巨人 7-6 台湾
03月03日 西武 13-2 治湾
■中国の強化試合
02月28日 巨人 9-2 中国
03月01日 西武 11-1 中国

出場国

POOL A :日本、韓国、中国。台湾
POOL B :オーストラリア、メキシコ、キューバ、南アフリカ共和国
POOL C :カナダ、アメリカ、イタリア、ベネズエラ
POOL D :ドミニカ共和国、オランダ、プエルトリコ、パナマ

WBC特別ルール

予選リーグ(1次・2次)では前回の総当たり戦からダブルエリミネート方式になりました。ダブルエリミネート方式とはトーナメントの初戦を勝ち抜いたもの同士で勝ち上がる側と、負けたもの同士で勝ち上がる側にわかれて、最後まで勝ち進んだもの同士で決勝で対戦するというものです。2敗すれば脱落、2勝すれば勝ち抜けとなります。(下の図参考)また、準決勝では2次リーグで対戦した相手とあたらないしくみとなりました。その他は前回と一緒になります。また、第1回大会で誤審が相次いだ審判問題は、今回から2次リーグからメジャーの審判と他の国の国際審判を採用することになりました。

1.投球制限
1次リーグ70球、2次リーグ85球、準決勝・決勝100球まで。投球中に制限数を超えた場合は現在の打者が終わるまで投球可能。準決勝で30球以上投球した投手は決勝では登板できません。
2.コールド
1次リーグ・2次リーグのみ5回以降15点差以上、7回以降10点差以上。
3.投手の登板間隔
50球以上の投球で中4日、30球以上50球未満は中1日、30球未満は連投可能。ただし、連投した場合は中1日空ける必要がある。なお、打者に対して投球中に球数制限を越えた場合はその打者が終わるまで投球が可能です。また24時を超えて日付が変った場合は試合開始の日付にあわせ、サスペンデッドになったときはその日付で決めます。基準は米国時間(時差は含まれない)になり、強化試合も含まれます。
*MLB所属選手は練習試合にも投球制限があります。
4.タイブレーク方式の採用
延長13回からタイブレークを採用します。タイブレーク方式では前イニングの最終打者とその前の打者を1、2塁へ置いてスタートします。
5.予告先発と本塁打判定
第2回大会から予告先発が実施されます。また本塁打の判定のみビデオ判定が導入されます。

試合スケジュール

■1次リーグ
POOL A [開催場所:日本/東京ドーム] 
03/05 日本 4-0 中国[18:30]
03/06 台湾 0-9 韓国[18:30]
03/07 台湾 1-4 中国[12:30]
03/07 日本 14-2 韓国[19:00]
03/08 中国 0-14 韓国[18:30]
03/09 日本 0-1 韓国[18:30]
■1位通過:韓国   ■2位通過:日本

POOL B [開催場所:メキシコ/メキシコシティ/フォロ・ソル]  
03/08 キューバ 8-1 南アフリカ[現地13:00/日本時間9日4:00]
03/08 メキシコ 7-17 オーストラリア[現地20:00/日本時間9日11:00]
03/09 南アフリカ 3-14 メキシコ[現地20:00/日本時間10日11:00]
03/10 キューバ 5-4 オーストラリア[現地20:00/日本時間11日11:00]
03/11 メキシコ 16-1 オーストラリア[現地20:00/日本時間12日11:00]
03/12 キューバ 16-4 メキシコ[現地19:00/日本時間13日10:00]
■1位通過:キューバ   ■2位通過:メキシコ

POOL C [開催場所:カナダ/トロント/ロジャース・センター]  
03/07 アメリカ 6-5 カナダ[現地14:00/日本時間8日4:00]
03/07 ベネズエラ 7-0 イタリア[現地20:00/日本時間8日10:00]
03/08 アメリカ 15-6 ベネズエラ[現地20:00/日本時間9日09:00]
03/09 カナダ 2-6 イタリア[現地18:30/日本時間10日7:30]
03/10 ベネズエラ 10-1 イタリア[現地17:00/日本時間11日6:00]
03/11 アメリカ 3-5 ベネズエラ[現地18:30/日本時間12日7:30]
■1位通過:ベネズエラ   ■2位通過:アメリカ

POOL D [開催場所:プエルトリコ/サンフアン/ヒラム・ビソーンスタジアム]  
03/07 ドミニカ共和国 2-3 オランダ[現地12:00/日本時間8日1:00]
03/07 プエルトリコ 7-0 パナマ[現地18:00/日本時間8日7:00]
03/08 ドミニカ共和国 9-0 パナマ[現地16:30/日本時間9日5:30]
03/09 オランダ 1-3 プエルトリコ[現地18:30/日本時間10日7:30]
03/10 ドミニカ共和国 1-2X オランダ[現地18:30/日本時間11日7:30]
03/11 プエルトリコ 5-0 オランダ[現地17:00/日本時間12日6:00]
■1位通過:プエルトリコ   ■2位通過:オランダ

■2次リーグ
POOL 1 [開催場所:アメリカ/サンディエゴ/ペトコ・パーク]  
03/15 キューバ 0-6 日本[現地13:00/日本時間16日5:00]
03/15 韓国 8-2 メキシコ[現地20:00/日本時間16日12:00]
03/16 キューバ 7-4 メキシコ[現地20:00/日本時間17日12:00]
03/17 日本 1-4 韓国[現地20:00/日本時間18日12:00]
03/18 キューバ 0-5 日本[現地20:00/日本時間19日12:00]
03/19 韓国 2-6 日本[現地18:00/日本時間20日10:00]
■1位通過:日本   ■2位通過:韓国

POOL 2 [開催場所:アメリカ/マイアミ/ドルフィン・スタジアム]  
03/14 ベネズエラ 3-1 オランダ[現地13:00/日本時間15日2:00]
03/14 プエルトリコ 11-1 アメリカ[現地20:00/日本時間15日9:00]
03/15 オランダ 3-9 アメリカ[現地19:30/日本時間16日8:30]
03/16 ベネズエラ 2-0 プエルトリコ[現地20:00/日本時間17日9:00]
03/17 アメリカ 6X-5 プエルトリコ[現地19:00/日本時間18日8:00]
03/18 ベネズエラ 10-6 アメリカ[現地20:00/日本時間19日9:00]
■1位通過:ベネズエラ   ■2位通過:アメリカ

■決勝トーナメント[開催場所:ロサンゼルス/ドジャースタジアム]
準決勝  
03/21 ベネズエラ 2-10 韓国[現地18:00/日本時間22日10:00]
03/22 日本 9-4 アメリカ[現地17:00/日本時間23日9:00]
決勝  
03/23 韓国 3-5 日本[現地18:38/日本時間24日10:38]

表彰選手

MVP・・・松坂大輔(2大会連続)

各種記録

ポジション別優秀選手
■投手・・・松坂大輔(日本)、岩隈久志(日本)、ボン・チュングン(韓国)
■捕手・・・イヴァン・ロドロゲス(プエルトリコ)
■一塁手・・・キム・テギュン(韓国)
■二塁手・・・ホセ・ロペス(ベネズエラ)
■三塁手・・・イ・ボムホ(韓国)
■遊撃手・・・ジミー・ロリンズ(アメリカ)
■外野手・・・青木宣親(日本)、フレデリク・セペダ(キューバ)、ヨエニス・セスペデス(キューバ)
■DH・・・キム・ヒョンス(韓国)

優勝国

日本(2大会連続)














広告0の安全サイト

P革の種類と加工

野球ドット絵素材

メジャーリーグ

野球用語集

スパイク選び

野球のルール

スコアブックの付け方

球場訪問記