第91回全国高校野球選手権大会・2回戦


2回戦

08/14 県岐阜商(岐阜)vs山梨学院大付(山梨)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
山梨学院大付 0 0 2 0 0 0 0 4 0 6 7 5
県岐阜商 7 1 1 0 4 1 0 0 X 14 18 3
試合開始 14:20 試合終了 16:39
■山梨学院大付:山田祐 - 中根
■県岐阜商:山田智 - 桜田 - 松田侑
■本塁打:山田智2ラン(県岐阜商)、井具3ラン(県岐阜商)
■コメント:県岐阜商は初回から打線爆発。四死球と安打で満塁にすると適時二塁打で2点先制。続いてスクイズ内野安打で1点、本塁打で2点、さらに連続安打で1点を加えて一挙7点を加えます。さらに2回と3回にも1点ずつ加え、5回には3点本塁打と犠牲フライでまたも大量の4点を追加します。一方山梨学院大付は3回に悪送球と適時打で2点を加え、8回投手が代わったところをせめて長打や悪送球から4点を返しますが、大量リードの差は埋まりませんでした。県岐阜商は18安打をたたき出しました。

08/15 PL学園(大阪)vs聖光学院(福島学院)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
聖光学院 1 0 0 0 0 2 0 0 0 3 6 1
PL学園 2 0 1 0 0 3 0 0 X 6 9 0
試合開始 08:32 試合終了 10:27
■聖光学院:横山
■PL学園:井上 - 難波
■本塁打:なし
■コメント:聖光学院の先頭打者斉藤が2塁打で塁に出ると送りバントで3塁へ進み適時打が出て先制します。その裏PL学園は連続安打ですぐさま逆転します。PL学園は3回にもさらに1点を加えリードを広げますが、聖光学院も負けじと6回に安打や四球で無死満塁とすると、併殺打の間に1点、内野安打の間にさらに1点を加えて同点とします。追いつかれたPL学園はその裏に連続長打などで3点を加え逆転し逃げ切りました。

08/15 明桜(秋田)vs日本航空石川(石川)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
明桜 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 10 4
日本航空石川 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 1X 3 9 2
試合開始 11:05 試合終了 13:21
■明桜:二木
■日本航空石川:栗本 - 浜田 - 中田
■本塁打:なし
■コメント:初回明桜が連続長打で2点を先制。追う日本航空石川は4回に安打とエラーで3塁まで進めた後に暴投で1点を返します。続く5回にはまたも暴投でランナーを3塁まで進め、3塁打で同点としました。同点でむかえた延長12回日本航空石川は安打とエラーで無死1・3塁から捕手の3塁へのけん制悪送球からサヨナラ勝ちしました。明桜は地方大会無失策でしたが、ここに来て4失策と守備が乱れました。

08/15 日本文理(新潟)vs藤井学園寒川(香川)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本文理 0 0 0 0 0 1 1 2 0 4 11 1
藤井学園寒川 0 0 1 0 0 2 0 0 0 3 8 1
試合開始 13:51 試合終了 15:48
■日本文理:伊藤
■藤井学園寒川:斉 - 高橋涼
■本塁打:高橋義ソロ(日本文理)
■コメント:寒川は安打と悪送球で3塁へランナーを出すと適時打がでて1点を先制。追いかける日本文理は6回に連続安打で同点なりますが、その裏すぐさま寒川が連続長打など3連打で2点を加え逆転します。またも追いかける展開となった日本文理は7回にソロ本塁打で1点差に迫り、さらに8回には連続安打で逆転に成功し勝利しました。

08/15 立正大淞南(島根)vs華陵(山口)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
華陵 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0
立正大淞南 0 0 0 0 0 0 0 0 1X 1 4 0
試合開始 16:20 試合終了 18:08
■華陵:安達
■立正大淞南:崎田
■本塁打:なし
■コメント:華陵と立正大淞南の両者とも好投と好守でなかなか先取点が奪えません。立正大淞南は二盗、三盗と足を絡めてきますが、打線がつながらず両者無得点のまま最終回へ。最終回裏に立正大淞南が1死から6番後藤がサヨナラ本塁打を放ち勝利を決めました。

08/16 東農大二(群馬)vs青森山田(青森)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
東農大二 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 12 0
青森山田 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0
試合開始 08:30 試合終了 10:32
■東農大二:加藤
■青森山田:井上 - 齋藤
■本塁打:なし
■コメント:2回に東農大二が内野安打で出塁後に送りバントで2塁へ進めると適時打がでて1点を先制します。青森山田も3回に安打で出塁後に送りバントで2塁、内野ゴロの間に3塁まで進むと適時長打がでて同点に。その後両者なかなか点が加えられずに延長へ。延長10回に東農大二が2回と同様に安打で出塁後に送りバントを決めた後に適時打がでて1点勝ち越しに成功して逃げ切りました。

08/16 敦賀気比(福井)vs帝京(東東京)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
帝京 2 0 3 0 0 0 0 0 0 5 11 1
敦賀気比 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 8 0
試合開始 11:08 試合終了 13:17
■帝京:平原 - 伊藤
■敦賀気比:山田
■本塁打:なし
■コメント:帝京は初回先頭打者が2塁打で出塁すると、送りバントがセーフとなってチャンスを広げた後に適時打が出て1点を先制。さらにニゴロの間に1点を追加して2点を加えます。3回には2塁打が4本出て一挙3点を取ってリードを広げます。一方敦賀気比は8回に連続安打で1点を返すも、リードの差が大きく追いつけませんでした。

08/16 樟南(鹿児島)vs九州国際大付(福岡)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
九州国際大付 0 0 0 1 0 0 0 0 2 3 6 2
樟南 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 4 1
試合開始 13:48 試合終了 15:46
■九州国際大付:吉岡 - 納富
■樟南:空地 - 原
■本塁打:榎本ソロ(九州国際大付)
■コメント:3回に樟南が内野安打とエラーで1死1・3塁からスクイズを決め先制点をあげます。九州国際大付も4回に死球から適時打で1点を加えて同点とします。その後は両者なかなか安打がでずに点を加えることができません。試合が動いたのは最終回。九州国際大付榎本のソロ本塁打で勝ち越しした後、投手が交代したところを攻めて連続安打からニゴロの間にさらに1点を追加して接戦を制しました。

08/16 明豊(大分)vs西条(愛媛)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
明豊 0 0 0 0 1 0 1 2 0 4 9 0
西条 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8 1
試合開始 16:14 試合終了 18:04
■明豊:野口
■西条:秋山
■本塁打:河野ソロ(明豊)、阿部2ラン(明豊)
■コメント:明豊が5回に河野のソロ本塁打で先制。さらに7回に2死から三塁打で1点、8回に阿部の2ラン本塁打で2点を加えて西条を引き離し勝利しました。西条は好投の明豊野口投手を打ち崩すことができませんでした。

08/17 高知(高知)vs常葉学園橘(静岡)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
高知 0 0 0 1 0 0 3 2 0 6 13 1
常葉学園橘 0 3 0 0 0 4 0 0 X 7 14 0
試合開始 08:30 試合終了 10:41
■高知:公文 - 瀧平
■常葉学園橘:庄司
■本塁打:なし
■コメント:常葉学園橘は2回に長打などで3点を加えると、6回にも5安打で一挙4点を加えてリードを広げます。一方高知は4回に内野安打から適時長打がでて1点、7回には3者連続安打で3点、8回は四死球から暴投で進塁した後に適時打がでて2点を加えて1点差に迫りますが、あと一歩及ばず敗北しました。両チーム合わせて27安打の乱打戦となりました。

08/17 長野日大(長野)vs天理(奈良)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
長野日大 0 0 0 2 0 2 2 0 1 7 10 1
天理 1 0 1 3 0 0 0 0 1 6 11 0
試合開始 11:15 試合終了 13:54
■長野日大:加藤 - 西山 - 佐藤丞
■天理:中山 - 沼田
■本塁打:なし
■コメント:初回天理は長野日大先発中山の4連続四死球で押出し1点で先制。3回にも悪送球もあり適時打でさらに1点追加。長野日大は4回にスクイズや長打で同点にしますが、その裏すぐに天理が盗塁を絡めて適時打で3点を追加して逆転に成功。またも追う長野日大は6回と7回にともに四死球などからチャンスを広げて適時打でそれぞれ2点を追加して勝ち越しに成功します。最終回には長野日大が2四球と安打から2死満塁として適時打で1点を追加してさらにリードを広げ、天理も粘り2死から適時打で1点を返し、1点差と迫りますが追いつくことはできませんでした。両チーム8四球、9死球とどの投手も2四死球以上だし制球を乱しました。

08/17 関西学院(兵庫)vs中京大中京(愛知)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
関西学院 0 0 2 0 1 0 0 0 1 4 10 1
中京大中京 2 0 0 0 0 1 1 0 1X 5 10 0
試合開始 14:26 試合終了 16:45
■関西学院:新川 - 山崎裕 - 大西 - 高橋
■中京大中京:森本 - 堂林
■本塁打:河合ソロ(中京大中京)
■コメント:初回に中京大中京は四球と安打からランナーをだして適時長打で2点先制します。関西学院も3回に2死から適時打で2点を追加して同点に。さらに5回に連続四球から満塁にすると押出しで1点の勝ち越しに成功します。中京大中京も6回に四死球から適時打で1点を加えて再び同点にすると、7回には盗塁をからめて適時打で1点を加えて逆転。関西学院は土壇場最終回に犠牲フライでまた同点に追いつきますが、その裏に中京大中京の河合がサヨナラ本塁打を放ち試合を決めました。

08/17 横浜隼人(神奈川)vs花巻東(岩手)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
横浜隼人 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 5 1
花巻東 1 0 0 0 0 0 2 1 X 4 9 0
試合開始 17:15 試合終了 19:12
■横浜隼人:飯田 - 荻原 - 今岡
■花巻東:菊池
■本塁打:森ソロ(横浜隼人)、柏葉2ラン(花巻東)
■コメント:初回に花巻東は四球から盗塁と犠牲フライで3塁まで進むと適時打で先制。横浜隼人は4回に森のソロ本塁打で同点とします。花巻東は7回に悪送球からランナーを出すと、柏葉が2ラン本塁打を放ち逆転。さらに8回に安打が続き1点を加えて逃げ切りました。

08/18 東北(宮城)vs日大三(西東京)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
東北 2 0 0 0 0 0 0 0 1 3 8 3
日大三 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2 9 1
試合開始 09:30 試合終了 11:38
■東北:佐藤
■日大三:関谷
■本塁打:なし
■コメント:東北が安打ででた先頭打者が盗塁し、送りバントがセーフとなって無死1・3塁とします。その後スクイズが内野安打となり1点を先制。さらに適時打で合計2点を追加します。追う日大三は3回に長打から暴投で1点、4回にはエラーから盗塁などを絡めて適時打で同点とします。試合は同点のまま最終回へ。最終回東北は3塁打から犠牲フライで勝ち越しに成功して勝利をおさめました。

08/18 都城商(宮崎)vs三重(三重)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
都城商 0 0 0 2 3 1 0 0 2 8 14 0
三重 0 1 0 1 0 1 0 0 0 3 8 1
試合開始 12:09 試合終了 14:09
■都城商:新西
■三重:松田 - 牧田 - 増田 - 田村
■本塁打:野呂ソロ(三重)
■コメント:2回に三重が適時3塁打で先制。都城商は4回に連続四球からチャンスを広げて適時2塁打と犠牲フライで2点を加え逆転に成功します。しかし三重もその裏に野呂のソロ本塁打ですぐさま同点としますが、都城商は5回に満塁から適時打と犠牲フライと押出し死球で3点を加え再び逆転します。さらに6回には暴投で1点を追加、最終回にも連続安打や犠牲フライで2点を加えて逃げ切りました。

08/18 智弁和歌山(和歌山)vs札幌一(南北海道)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
智弁和歌山 0 0 2 0 0 0 2 0 4 8 11 4
札幌一 0 2 1 2 0 0 0 0 0 5 8 2
試合開始 14:40 試合終了 16:44
■智弁和歌山:岡田
■札幌一:掛端 - 須田
■本塁打:なし
■コメント:2回に札幌一が死球からでたランナーを送ろうと送りバントを試みて2回ともセーフとなり無死満塁とすると、暴投と内野安打で2点を先制します。智弁和歌山もすかさず3回に2四球から連続適時打で同点としまが、裏に札幌一の打線がつながり1点を加え逆転すると、4回にも2点を加えてリードを広げます。追いかける智弁和歌山は7回にエラーや適時打で2点を加えると、土壇場9回には適時2塁打で再び同点、さらに1死満塁とすると2塁打と犠牲フライで3点を加えて逆転しました。















広告0の安全サイト

P革の種類と加工

野球ドット絵素材

メジャーリーグ

野球用語集

スパイク選び

野球のルール

スコアブックの付け方

球場訪問記